ソロモンの戯言

僕が誰かということじゃなく君がどう生きているかに寄り添いたい

勝負だ勝負だ!!自分との闘いだ!!

やらなくちゃいけないことを

途中までやって放り出した。

 

考えながらする作業は頭を使うし

手も頭も動かして、頭は1つ2つよりも先を読まなきゃいけなくて

そうなるとわたしの脳みそはすぐにショートする。

 

考えるより先に動くタイプなんだなぁって

こういう時実感する…苦笑。

でも息抜きしたからそろそろ戻らないと本当に大変。

あと2時間、3時間くらいの勝負。

1時間で片づけられたら最高だけど…どうかな(笑)。

やるだけやってみようじゃん、わたし。

 

さぁ勝負!

めぇぇ。めぇぇ。…そんなのはダ、めぇぇ

会いたい人に会えないからって

別の人で埋め合わせしてるんだなぁという

そんな単純な事実に改めて気付かされて

なんとまぁ恥ずかしいやら。(*ノωノ)

 

でもいいの。

会いたいけど会えないことなんてザラにあるの。

わたしが忙しいとかあっちが忙しいとか

肉体的なことはどうにでもなるけど

心が忙しいときは何をどうしてもだめだから。

そういうのしょっちゅうある。

しょっちゅうありすぎて最近は3週間くらいそんな日々で

結構苦しくて辛かったから、そういうときは無理しない。

 

だけど、なんだろう、声かけはしたいなと思って。

ていうのも、わたしが精神的に忙しなくて参っているときに

何気ない電話とか、何気ないメッセージのやりとりとか

嬉しいなって思った瞬間があって、ふっと軽くなるかんじがして

それが万人にもあるのかといえばそんなことはないだろうし

そんなことがないから難しいのだと思うし

悩んだり迷ったりたくさんするのが「恋をすること」

なのかもしれないけど……

言葉を選ぶなぁとは思う(笑)。

元気?だといいなって思って!

とか、どうかしら。……だめだ、わからん!!

 

無限のループです(笑)迷子です。迷える子羊。

 

めぇぇ。

おっ、っぱ、い

おっぱい、っていう音がかわいい。

おっぱい、っていう響きがすてき。

 

おっぱい、っていうだけでふわふわしたものをイメージする脳みそ。

人間は本当におっぱいに集約されている気がする。

 

そんなわたしは今、おっぱいに蹴飛ばされている。

左のおっぱいが、何かで刺すみたいに一点集中で攻撃してくる。

 

そんなサイドアタッカーいつ獲得したんですか、監督。

おっぱい監督、控えめで物腰は丁寧だけど、いうことはいう監督。

 

むね、っていうと動物っぽいし、ちち、っていうと照れてるみたいだし、

可愛さと尊敬の念を込めて呼ぶならやっぱり「おっぱい」一択でしょ。

 

こんな話あんまり真剣にさせてくれる人もいない世の中だけど

わたしはいうよ、「おっぱい」って、神ワード。

わたしじゃないみたい、でも、これが恋するわたし。。。

大好きな人がいるの。

その人のことを考えるとふわっと幸せになったり

急に不安な気持ちになったり

押し付けていないかなとか重たくなったら嫌だなとか

頭ばっかりいっぱいになってしまう、そんな人。

わたしはきっと、すごくその人を大切に想っていて

その人との関係を進めたいけど進めたくない気持ちがある。

 

今とっても仲良くしている子がいる。

その子と仲良くしていられるのは、私と彼の関係が「先生と生徒」だから。

でも、その関係なんですって周りの人に言うには少し、最近特に、

仲良しが加速しているようなそんな気がしてならないの。

悪いことじゃないの。一緒に居ると楽しいし、話も尽きないし。

だけど、なんとなく色んなところに背徳感を感じるの。

彼の彼女にもそうだし、わたしの好きな人にもそうだし。

それって不純な関係ってことじゃないかしらって。

別に誰と付き合っているのでもないのに、そんな風に思ってしまう自分。

クソ真面目っていうか、経験値が無さすぎっていうか。苦笑

 

それから、数回しか会ったことはないけれど親切な人がいる。

彼は時々連絡をくれて、いつも親切にしてくれて、やさしい。

続くときはポンポンポンって、会話も弾むし毎日連絡だって取る。

わたしの好きな人とわたしは、毎日のやりとりはしないんだけどな…。

彼があんまり、そういうタイプじゃないからっていうのも、あるけど。

親切な彼はちょっと遠くに住んでいて、時々、顔を合わせる関係。

向こうから声をかけてくれたから、悪く思ってないんだなって

それだけはなんとなく分かってるし、それ自体嬉しいことだなって感じてる。

 

これだけ書くと、ただのモテ自慢みたいなことに聞こえるかもしれないけど

わたしとしては、結構苦しかったりもして。

だって本当に好きな人とはなかなか縮められない距離があるのに

他の人に声を掛けられてそれはそれで嬉しい気持ちになったり

そのときはとっても楽しかったりそんな日々って、どうなのかしら。

アリかな?ありなのかな?

…むつかしいなぁ。。恋愛ってもっとシンプルなものかと思ってたわ。

全然いうこと聞かないじゃない・

心も体も頭も。全部全部が違う方向見てるみたいで。

 

大好きだよ。やさしくてカッコよくて子どもっぽくて。

わたしはわたしの好きな人のことがだいすき。

そして、そんな人を好きな自分をもっと好きになれるようになりたい。

好きな人がいる自分を誇れるようになりたい。

不安でいっぱいな自分なんかに、押しつぶされたり負けたくないんだ。

あの人を好きな理由は、「その人だから」としか言えなくて。

彼が彼だから好き、っていうそれだけ。本当にそれだけ。

 

勉強頑張ってるかな……。

会いたいけど、わたしも色々集中しなきゃいけないし

今はあんまり我慢せずに、でも押し付けないようにしたいな。

あーでも、やっぱり気にはなる。。。

離れてるからせめて、連絡くらいはとっていたいんだけどなぁ。。

会いたいなっていうのは重たいよね……

 

あー、もう!本当にわたしじゃないみたいだなぁ~!!

仕方がないことが多すぎて疲れがたまりすぎてどうかしてるんだと思うんだそうなんだ

もう本当に今日は朝起きたときからなんだかおかしくって。

本調子じゃない、という言葉があるけれど

調子ってどこから取るんだろうかっていうくらい不調で

不調も不調、絶不調で、本当に悲しい。つらい。

 

こんなとき好きな人の一人でも居たらいいのになと

ふと訳の分からないことを願ってみたり。

 

誰かに支えてほしいっていうことなんだろうと思う。

でもこればっかりは、どうしようもならない。

 

冷えピタを貼って、もう寝るとしようか。

恋愛モードに入るコツなんか、ネットで調べてたって仕方ない。(笑)

自然と笑みがこぼれる夜なら今日の自分には103点をあげましょう♪

今日ね、すっごくすっごくモヤモヤすることがあったの。

もう一人じゃこの感情を抱えきれない!!

ぶつけてやりたいけどすぐにそうするのも忍びない!!

どうしようもう、どうしたらいいんだろう…!!

 

そんな風に思ったの。

それで、今日ちょっと話せる?って聞いてみたら

話を聞いてくれようと向き合ってくれる人たちがいて

その事実がとても嬉しかったの。

 

お仕事も本当に、人に恵まれてばっかりいる。

ありがたいなぁ。感謝以外の何ものでもなく。

こんな「まだまだ」なわたしに拍手をしてくれる。

応援してくれる人たちがいるんだということ。

その事実がわたしを前に進ませてくれる。

期待に応えたい。一生懸命に、取り組むこと。

手を抜かずに!とかそういう気負いじゃなくて

そこにいる「ひと」を大事にする仕事の仕方。

これを忘れないようにしたいなって改めて思った。

そのひとが求めていること。

そのひとが喜んでくれること。

そうすることで、喜ぶ人が増えること。

減るものは何もないから。

幸せはたくさんたくさん、積もっていくほうがいいから。

あっという間に消えてしまうんだから

持っているうちはそこに埋まってもいいとおもうな。

 

電話もいっぱいしたし、進んだお仕事もあったし

あれもこれもやりたいから、あれもこれも全部頑張る。

だけど気持ちが溺れそうになったら

ちゃんと誰かにヘルプを出そうって今日改めて思った。

助けて、って言ってもいいんだね。

話を聞いて欲しいのって言ってみてもいいんだね。

とってもありがたいこと。

 

人に恵まれる人生だ。

未来をどんどん切り開いて創り上げるために

神様が与えてくれた特権なのかもしれないなぁ。

うふふ。(*´艸`*)くふふ。

今さら過ぎるけれど気づかない、気づけないよりはだいぶマシなんじゃなかろうか

ドラマでも映画でも漫画でもそう。

わたしたちが右往左往したり

登場人物の感情に揺さぶられたりするのは

第三者として見ているからなんだ。

実際に自分がその場に立ってみると

相手の気持ちなんか分からないし

両想いに見えたってそれは分からない。

片思いに見えても

うまくいっているようでも

自分の気持ちに正直なつもりで居ても

わからないことばっかりなんだ。

 

久々にすっごくキュンキュンした。

 

はぁ~。なんかいいなー。

素直になるのってすごく大事だな。

痛みも苦しみも幸せも、同じところから湧き出ている。

 

素直になること

感情に、気持ちに、正直であること。

 

なんかそんな風に、思ったかな。